お金を借りる方法のネタ話

専業主婦がバレないでお金を借りる・収入なしでOKな銀行カードローン

 
女性の画像
この記事を書いている人 - WRITER -
安全借太郎
お金を借りる、また返すのが習慣化してしまい、借金に抵抗感をなくしてしまった中年男性です。これではいけないとムダな出費を抑え、プランターで野菜を育てる節約生活を開始!安く借りる方法、損をしない返済法を実践して、借金生活からの脱出に成功しました。
詳しいプロフィールはこちら

専業主婦がバレないでお金を借りる・収入なしなら銀行カードローン

専業主婦がダンナさんにバレないでお金借りるなら、無職・収入なしでも一部の銀行カードローンが利用できます。

貸金業法の「総量規制」の対象となる消費者金融では、申込者の利用限度額が年収の3分の1以下に制限されているため、専業主婦は基本的にカードローンを利用できません。

「配偶者貸付制度」という例外はあり、「配偶者の年収と合算してその3分の1までは融資可能」と認められていますが、配偶者の同意書などが必要となり、バレてしまうので利用しにくい人もいるわけですね。

でも、銀行のカードローンは総量規制の対象になっていないため、扱っている銀行は限られますが、配偶者に収入があれば無職・収入なしの専業主婦でも利用できます。

ちなみに、内緒にしなくていいのなら、ほかの記事に紹介したように消費者金融系カードローンが利用できます。

こっそり借りるよりは相談するのが理想的なので、可能ならこちらをチェックしてみてくださいね。

本記事では銀行カードローンのメリット、デメリット、注意点について解説していきます。

無職の専業主婦が銀行カードローンでお金を借りられる理由

先に述べたように、銀行カードローンは貸金業法における総量規制の対象ではありません。

配偶者収入があれば、専業主婦でも安定した収入があると判断してもらえるので、無職やニートとは別扱いになるんですね。

とはいえ、すべての銀行で借金が可能というわけではなく、ネット銀行や地方銀行が顧客開拓のため、専業主婦にも前向きに融資しているという傾向があるようです。

ネット銀行のイメージイラスト

ネット銀行では楽天銀行、ジャパンネット銀行、イオン銀行、セブン銀行のカードローンなどがあります。

地方銀行では秋田銀行、北日本銀行、静岡銀行、広島銀行、愛媛銀行などのカードローン。ちなみに、この5行は全国対応もしています。

たとえば、秋田銀行の例では「あきぎんスマートネクスト」という低金利のカードローンです。

専業主婦 銀行名」で検索すると出てきやすいので調べてみてくださいね。

どうしてもお金が必要なら、デメリットも知っておこう

借りられる金額が少ない

「専業主婦で忙しい、早くどうしてもお金が必要!」という状況なら、借りるときになって「そんなはずじゃなかったのに…」とがっかりしないように、銀行カードローンならではのデメリットも紹介しておきましょう。

専業主婦は借りられる金額が少額の傾向にあります。

広告では最大いくらまでと大きな金額が出ていますが、初回なら借りられる金額は少なく、借入希望額は10万円以内にしておいたほうが無難というのが一般的ですね。

これは専業主婦に限りませんが、借入希望額を高めに設定したり、他社から借入があったり、滞納履歴があったりすれば、審査に通りづらくなるので注意してください。

手続きに手間がかかるため、即日融資は不可能

また、早く借り入れしたくても即日融資してもらえないのが、銀行カードローンのデメリットです。

2018年の法改正によって、申込者が反社会的勢力ではないことを確認するための手続きとして、銀行カードローンへの申し込み後、警察庁のデータベースと照合されるようになりました。

銀行での審査に加えて警察への照会にも時間がかかり、即日で審査回答ができなくなったために、即日融資も実質不可能となっているんですね。

あわてる女性のイラスト

ですから、早くても最短翌日の融資時間となりますから、早めに申し込みをするのがいいでしょう。

在籍確認が必要となるケースも

一般的に専業主婦が銀行カードローンに申し込んだときに、ご主人への在籍確認が行われるケースは少ないようですが、勤め先によっては在籍確認が必要となるケースもあるようです。

こっそりと借りるなら事前に問い合わせをしてみて、連絡をしない銀行を選ぶのがいいでしょう。

在籍確認がなくてもなんらかの形で本人確認は行われるのが審査なので、不安な場合には申込みのときに本人確認について聞いておくと安心です。

専業主婦がバレないでお金借りられる銀行カードローン・まとめ

無職の専業主婦が銀行カードローンでお金を借りられる理由

貸金業法の「総量規制」の対象となる消費者金融では、利用限度額が年収の3分の1以下に制限されているため、専業主婦は基本的にカードローンを利用できません。

「配偶者貸付制度」という例外はありますが、「配偶者の同意書」などが必要ですからバレてしまいますね。

これにたいして、銀行カードローンは貸金業法の総量規制の対象にはなっていないため、バレずに借り入れが可能となっています。

どんな銀行のカードローンが使える?

借り入れが可能なのは、顧客開拓のために専業主婦にも前向きに融資している「ネット銀行・地方銀行」です。

ネット銀行では楽天銀行、ジャパンネット銀行、イオン銀行、セブン銀行のカードローンなど。

地方銀行では秋田銀行、北日本銀行、静岡銀行、広島銀行、愛媛銀行のカードローンなどが全国対応もしています。

専業主婦のイラスト

専業主婦 銀行名」で検索すると出てきやすいので、調べてみてください。

銀行カードローンのデメリット

借りる段階になってがっかりしないように、デメリットも知っておきましょう。

借りられる金額が少ない

専業主婦は借りられる金額が少額なので、初回なら借入希望額は10万円程度にしておいたほうが無難です。

手続きに手間がかかるため、即日融資は不可能

銀行での審査に加えて、反社会的勢力ではないことを確認するための手続きがあります。

警察への照会に時間がかかるため、即日融資ができず、早くても最短翌日となります。

在籍確認が必要となるケースもある

勤め先によっては在籍確認が必要となるケースもあるようなので、事前に本人確認について問い合わせをしてみると安心です。

専業主婦がバレずにお金借りたい理由は、人それぞれあると思います。

相談できる人がいるなら、まず相談してみて、あなたにとってもご家族にとっても、いちばん安全な方法を選んでくださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
安全借太郎
お金を借りる、また返すのが習慣化してしまい、借金に抵抗感をなくしてしまった中年男性です。これではいけないとムダな出費を抑え、プランターで野菜を育てる節約生活を開始!安く借りる方法、損をしない返済法を実践して、借金生活からの脱出に成功しました。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© オカネタ , 2019 All Rights Reserved.