お金を借りる方法のネタ話

整形でお金を借りる・整形したいけどお金がないならメディカルローン

 
くつろぐ女性の画像
この記事を書いている人 - WRITER -
安全借太郎
お金を借りる、また返すのが習慣化してしまい、借金に抵抗感をなくしてしまった中年男性です。これではいけないとムダな出費を抑え、プランターで野菜を育てる節約生活を開始!安く借りる方法、損をしない返済法を実践して、借金生活からの脱出に成功しました。
詳しいプロフィールはこちら

整形でお金を借りる・整形したいのにお金がないならメディカルローンを考えよう

美容整形でお金を借りるためのローンには、メディカルローン(医療ローン)、フリーローン、カードローンの3種類があります。

おすすめするのは、金利がカードローンよりも低く設定されているメディカルローンとフリーローン。

とはいえ、そのなかでも金利が高めのメディカルローンやフリーローンがあるのも事実なんですね。

ちゃんと比較して調べておかないと、高い金利で契約させられてしまう可能性もあります。

今回はメディカルローンにしぼって、注意点を解説します。

「整形したいのにお金がない」という高校生、大学生、無職の人たちが今すぐに準備しておくべきことも載せましたので、参考にしてくださいね。

フリーローンのくわしい解説は別記事で紹介します。

美容整形にかかる費用と治療の質、悪質業者に注意

美容整形にかかる費用は受診するクリニックによって金額に大きな差があり、激安クリニックも増えています。

一般的にはプチ整形は10万円程度、鼻を高くするのは30万円、エラ骨を削る施術では100万円以上とも言われます。

クリニックのイメージイラスト

「価格の差は品質の差」であり、安ければ品質は落ちると言われます。

実際に価格に見合わない施術をしたり、広告では安い施術を出しておいて、いざとなると高い施術を勧めるというクリニックもあります。

悪質なクリニックにだまされないためには、そのクリニックのホームページやユーザーの評価を調べながら、複数のクリニックを比較することが重要です。

最初のカウンセリングでの様子もしっかりとチェックして、信頼できるところを選びましょう。

借金して整形するためのメディカルローン(医療ローン)とは?

メディカルローン(医療ローン)とは銀行、信用金庫、信販会社やクレジットカード会社が販売している、目的別ローンのひとつです。

お金の資金使途が高額な医療費の支払いに限られているため、一般的にはカードローンに比べると金利が低く設定されている傾向があります。

美容整形は健康保険の適用外となる自由診療になり、高額な医療費がかかりますから、利用する希望者が多いわけですね。

ちなみに、生まれつきの病気や変形の治療、外傷やヤケドなどを治療する形成外科手術は健康保険の対象となりますから、該当する人は病院に相談してみてください。

先ほどふれた目的別ローンについてはこちらで解説しています。

借りる金額を低く、返済期間を短く、いちばん安い金利で借りるのがコツ!

適用される金利は返済回数や返済期間によって変わるので、自分の予算や生活と照らし合わせながら、月々の返済可能額、返済期間をしっかりとあらかじめ決めておきましょう。

安く済ませるコツはできる限り借りる金額を低く、返済期間を短く、いちばん安い金利のところを選ぶことです。

メディカルローンの種類には銀行系・クリニック提携の信販系がある

メディカルローンには以下の2種類があります。

銀行などの金融機関の医療ローン
美容クリニックが信販会社と提携した医療ローン

それぞれに特徴があるので、クリニックでカウンセリングを受ける前に知っておいてくださいね。

銀行などの金融機関のローン

美容整形に使えないところもあるが、フリーローンにする方法もある

金融機関の取り扱う医療ローンには、資金使途が美容整形の手術費用の支払いに対応していないところもあります。

ただし、そのような場合には「フリーローン」で借りられる場合もあり、フリーローンのなかには低金利のものもあるので、メディカルローンにこだわらずに選べます。

銀行のイラスト

手続きに手間がかかる

申し込み手続きはネットや電話で可能ですが、審査のときには資金使途を証明しなければならないので、美容クリニックの見積書や請求書を提出することになります。

美容クリニック提携の信販系ローン

銀行系よりも手続きがスピーディ

施術内容や費用に関しての相談と同時にローンの申込ができて、ほとんどの場合、その場で審査結果の回答が得られるため(申込を行う日時やタイミングにもよります)、手続きが一箇所で完結するんですね。

信販系ローンには金利が高いところもある

すべてではありませんが、美容外科や美容クリニックが勧めるメディカルローンには、銀行系よりも金利が高いところがあります。

そのまま契約せず、一度資料を持ち帰ってから、ほかのメディカルローンと比べてみてください。

金利の比較に慣れていない場合には、身近な人に相談してチェックしてもらうのもいいでしょう。

両者共通するデメリットとは

振り込み後にクリニック変更ができない場合がある

借り入れ金は直接美容クリニックに振り込まれます。

途中でクリニックを変更したいと思っても、クリニックによっては振り込み後に変更できない(お金がもどらない)こともあります。

そのため、クリニックを変更しなくても済むように、慎重にクリニックを選ばなくてはなりません。

万が一のために、金融機関と契約するときには「振り込み後にクリニック変更ができるのかどうか、できる場合はどうしたらいいのか」をあらかじめ聞いておきましょう。

チェックマークのイラスト

審査がきびしい

美容整形のローンを組もうとして「審査に落ちた」という人も多いのが現実です。担保がないだけに、審査がきびしくなるからなんですね。

「毎月の返済を安定的に継続できる」と判断された人が、ローンの審査に通過できます。

無職はもちろん無理ですが、フリーター、バイトでもきびしいため、審査に通過したいなら「正社員として働いている20歳以上の人」であることが一般的な条件となります。

しかも、これまでに返済が遅延していない、総量規制となる年収の3分の1までを他社から借り入れしていない、などの条件もクリアしていなくてはならないでしょう。

ですから、まずはカードローンなどの借金があれば全部整理して、働いてある程度のお金を貯めてからというのをおすすめします。

整形したいのにお金がないという人の対策!

高校生や大学生なら、整形したいのにお金がないというのが普通ですよね。

整形した人の多くは、ある程度しっかり貯金をしてから、そのお金とメディカルローンを組み合わせて手術費用を出しています。

ですから、今すぐ無理ならしっかりと働いてお金をためましょう。無職なら正社員の仕事を探して、しばらくがんばってみてください。お金をチェックするイメージイラスト

だれもがやっているオシャレも旅行もしばらく我慢、遊びも控えて、お金を使わない生活を心がけてください。

そして、お金を貯めたら生活費の分だけはとっておいて、残りを美容整形の費用にあてましょう。

仮に整形費用に100万円かかるなら、手元に40万円溜まっていたら60万円のローンを組めば済むことになり、金利の負担もずっと軽くなります。

メディカルローンやフリーローンの審査にどうしても通らない場合には、あわてて探さずに安全なカードローン会社を選んでくださいね。

整形でお金を借りるためのメディカルローン・まとめ

美容整形でお金を借りるためのローンには、メディカルローン(医療ローン)、フリーローン、カードローンの3種類があります。

メディカルローン(医療ローン)はお金の資金使途が高額な医療費の支払いに限られているため、一般的にはカードローンに比べると金利が低く設定されている傾向があります。

安く済ませるコツはできる限り借りる金額を低く、返済期間を短く、いちばん安い金利のところを選ぶこと。

メディカルローンには2種類ありますから、それぞれの特徴を理解したうえで選んでくださいね。

美容整形では品質と悪質なクリニックに注意

美容整形にかかる費用は受診するクリニックによって金額に大きな差があり、激安クリニックも増えています。

「価格の差は品質の差」であり、安ければ品質は落ちると言われます。

実際に価格に見合わない施術をしたり、広告では安い施術を出しておいて、いざとなると高い施術を勧めるというクリニックもあります。

悪質なクリニックにだまされないためには、クリニックのホームページやユーザー評価を調べながら、最初のカウンセリングでの様子もしっかりとチェックして、複数のクリニックを比較することが重要です。

メディカルローンの2種類

銀行などの金融機関のローンの特徴

美容整形に使えないところもあるが、フリーローンにする方法もある
金融機関の取り扱う医療ローンには、資金使途が美容整形の手術費用の支払いに対応していないところもありますが、フリーローンで借りられる場合もあります。

手続きに手間がかかる
申し込み手続きはネットや電話で可能ですが、審査では資金使途を証明しなければならないので、美容クリニックの見積書や請求書を提出することになります。

解説する女性のイラスト

美容クリニック提携の信販系ローンの特徴

銀行系よりも手続きがスピーディ
施術内容や費用に関しての相談と同時にローンの申込ができて、その場で審査結果の回答が得られるため(申込を行う日時やタイミングにもよります)、手続きが一箇所で完結します。

信販系ローンには金利が高いところもある
美容外科や美容クリニックが勧めるメディカルローンには、銀行系よりも金利が高いところがあるので、ほかのメディカルローンと比べてから決めてください。

両者共通するデメリットとは

振り込み後にクリニック変更ができない場合がある

途中でクリニックを変更したいと思っても、クリニックによっては振り込み後に変更できない(お金がもどらない)こともあります。

万が一のために、金融機関と契約するときには「振り込み後にクリニック変更ができるのかどうか、できる場合はどうしたらいいのか」をあらかじめ聞いておきましょう。

審査がきびしい

担保がないだけに、審査がきびしいのが美容整形のローン。

無職はもちろん無理ですが、フリーター、バイトでもきびしいため、審査に通過したいなら「正社員として働いている20歳以上の人」である必要があります。

これまでに借り入れ経験があるなら、返済が遅延していない、総量規制となる年収の3分の1までを他社から借り入れしていない、などの条件もクリアしていることです。

整形したいのにお金がないという人の対策!

整形した人の多くは、ある程度しっかり貯金してから、そのお金とメディカルローンを組み合わせて手術費用を出しています。

オシャレも旅行もしばらく我慢、遊びも控えてお金を使わない生活を心がけてください。

女性のイラスト

がむしゃらに働くことはたいへんですが、だれにも「人生の目的」と信じて過ごす期間はあると思います。

やりとげたとき、きっと自分に自信が持てるようになり、生きる自信につながることでしょう。

だれにもわかってもらえなくても、このサイトを通して私はあなたを応援しています。

困難に負けないで、幸せになってくださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
安全借太郎
お金を借りる、また返すのが習慣化してしまい、借金に抵抗感をなくしてしまった中年男性です。これではいけないとムダな出費を抑え、プランターで野菜を育てる節約生活を開始!安く借りる方法、損をしない返済法を実践して、借金生活からの脱出に成功しました。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© オカネタ , 2019 All Rights Reserved.