お金を借りる方法のネタ話

生命保険でお金を借りる契約者貸付制度の限度額は?返済金利に注意

 
この記事を書いている人 - WRITER -
安全借太郎
お金を借りる、また返すのが習慣化してしまい、借金に抵抗感をなくしてしまった中年男性です。これではいけないとムダな出費を抑え、プランターで野菜を育てる節約生活を開始!安く借りる方法、損をしない返済法を実践して、借金生活からの脱出に成功しました。
詳しいプロフィールはこちら

生命保険でお金を借りる契約者貸付制度とは

生命保険でお金を借りる契約者貸付制度は急な出費で困ったとき、貯蓄性のある生命保険に加入していれば、一定の範囲内まで借り入れができる制度です。

消費者金融のカードローンよりも低い金利で、何度でも借り入れできて保証人も不要という便利な制度。

とはいえ、実は過去に私自身、この制度を使って生命保険を解約してしまうという失敗をしました。

でも、この制度が悪いのではなく、悪いのは利用にあたって注意を怠ってしまった「自分の心がけ」だったんですね。

ここでは契約者貸付制度とはなにか、メリット、デメリット、さらに、私の実例も踏まえながら有効な利用法を紹介していきます。

生命保険契約者貸付制度とは

生命保険でお金を借りる契約者貸付制度とは、貯蓄性のある生命保険に加入していれば、保険会社から一定の範囲内まで借入できる制度です。

貯蓄性のある生命保険には「解約返戻金」というものがあります。

保険証券のイラスト

解約返戻金のある生命保険の種類には、終身保険、養老保険、学資保険、個人年金保険などがあげられます。

次のようなケースで払い戻されます。

・保険を契約した人が自分から契約を解約した場合
・保険会社から契約を解除された場合

契約者貸付の金額(限度額)はいくらまで、返済の金利はどれくらい?

契約者貸付の金額(限度額)はいくらまでで、返済の金利はどれくらいでしょうか。

上限額とも言われる限度額は契約した人が払ってきた保険料の総額や、保険会社が採用している解約返戻金の種類によって異なります。

また、金利も契約している保険によって異なりますが、一般的に上限額は解約返戻金の7~9割程度で、年利は2%から8%程度と低めとなっています。

計算機の画像

しかし、そのあとが重要でお金を返さないでいると、たいへんなことになってしまうんですね。

そのあたりをメリット・デメリットでまとめたので、両面から紹介してみましょう。

契約者貸付のメリット・デメリット

契約者貸付のメリット

一般的に上限額は解約返戻金の7~9割程度

年利は2%から8%程度と低め。ただし、「複利計算」に要注意!(デメリット参照)

何度でも借り入れが可能、利用目的も問われることなく保証人も不要

審査なし、信用情報機関へも登録されない

契約者貸付のデメリット

複利計算のため、返済しないと大きな損

年利は2%から8%程度でも、「複利計算」のため、返済されないままだと1年後の借入日に残った利子は元金へ繰り入れられ、その金額に対して新たに利息が発生します。

困っている女性のイラスト

つまり、8%の金利で100万円を借りた場合、返済せずに1年間が経ってしまった場合、次年度は108万円に対して8%の金利が発生するということに。

返済されないと、返済金額はどんどんふくらんでいく仕組みになっています。

返済されないと保険失効の可能性が

借りたお金の返済をせずにいると利子が大きくなり、最後には解約返戻金を超えてしまいます。

その結果、生命保険が失効してしまうという可能性があります。

私が失敗した経験談

私はバブル景気の時代に終身保険に入りましたが、景気の後退とともに保険の見直しを迫られました。

そんなとき、急な出費でお金が必要になり、知人から「終身保険で積み立てたお金を借りる方法があるよ」と聞いたのです。

自分が積み立てたお金ですから、カードローンよりも気楽な気持ちで飛びついてしまいました。

しかし、借りてしまうと「もともと自分のお金なんだし」「貯金のつもりだったんだし」とそのままずるずるお金を下ろすことに。

結局、最後には終身保険そのものを解約して、残り少ない残金を受け取る羽目になりました。

落ち込む男性ビジネスマンのイラスト

あのとき、もしものことがあったら、いくらの保障も出ないまま窮地に陥っていたでしょう。

当時、独身だったこともあり、甘かったと反省しています。

契約者貸付制度を利用するなら、あくまでも借金だということを意識して、早めに返済しようという強い意志が必要だと実感したものです。

生命保険でお金を借りる契約者貸付制度のまとめ

生命保険でお金を借りる契約者貸付制度とは、貯蓄性のある生命保険において「解約返戻金」から借り入れをする制度です。

【メリット】
解約返戻金の7~9割程度まで借りられて、年利は2%から8%程度
何度でも借り入れが可能
審査なし、保証人不要、信用情報機関へも登録されない

【デメリット】
複利計算のため、返済しないでいると毎年の返済金額がどんどんふくらむ
返済をせず利子が大きくなり、解約返戻金を超えたら保険失効の可能性あり

私はかつてこの制度を利用しましたが、一度借りてしまうとずるずるお金を下ろしてしまい、結局は保険を解約することになってしまいました。

契約者貸付制度を利用するなら、あくまでも借金だということを意識して、早めに返済する強い意志が必要です。

これから利用を考えている方に、私の愚かな失敗を参考にしていただければうれしいです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
安全借太郎
お金を借りる、また返すのが習慣化してしまい、借金に抵抗感をなくしてしまった中年男性です。これではいけないとムダな出費を抑え、プランターで野菜を育てる節約生活を開始!安く借りる方法、損をしない返済法を実践して、借金生活からの脱出に成功しました。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© オカネタ , 2019 All Rights Reserved.