お金を借りる方法のネタ話

お金を借りる人が生活保護(無職)で即日24時間融資?嘘の借金は危険

2019/11/29
 
子供と父親の画像
この記事を書いている人 - WRITER -
安全借太郎
お金を借りる、また返すのが習慣化してしまい、借金に抵抗感をなくしてしまった中年男性です。これではいけないとムダな出費を抑え、プランターで野菜を育てる節約生活を開始!安く借りる方法、損をしない返済法を実践して、借金生活からの脱出に成功しました。
詳しいプロフィールはこちら

お金を借りる人が生活保護(無職)で即日24時間融資?ついた嘘が招く危険

お金を借りる人が生活保護で無職の場合、どうしても即日で24時間融資をしてくれる消費者金融や街金を探したいという要望は多くあります。

でも、基本的に無職の人は審査に通りませんから、借り入れはできません。

仮に「生活保護者ではない」と嘘をついて借りてしまえば、それがバレたときにたくさんのペナルティが待っているだけでなく、犯罪者となる危険もあります。

さらに、肝心の生活保護の受給を差し止められてしまいます。

ここでは、生活保護者の人が嘘をついて借りてしまったら、それがバレたときにどんな危険があるのかを紹介しながら、残された公的融資制度による解決法を紹介していきます。

消費者金融の調査(審査)で嘘をつくとデメリットばかりに

生活保護受給者が消費者金融で借金をしたくて、調査(審査)で嘘をついてしまのは審査がきびしいからですね。

仕事ができない状態なら「収入が安定している」とは判断されませんし、在籍確認も行えません。

仮に、「生活保護受給者ではない」と嘘をついて申し込みをした場合でも、年収や職業面で嘘をつけば複数の項目をごまかさなければならず、嘘にも無理が出てきます。

仮面をつけた人のイラスト

わかりやすい例でたとえれば、正社員勤務として記載しているのに、持っている健康保険証が国民健康保険だったりすればおかしいわけですよね。

そうなれば、本来は収入証明書が不要な低額の融資の場合にも、特例として提出が求められることになり、いよいよ追い詰められてしまいます。

しかし、嘘をついたり、悪質な偽装をしたりして、一時的に審査を通り抜ける人もいます。

そのような人は一時的にうまくいったと思っていても、あとから降りかかる災難を知らないだけなのです。

「お金貸してください」から一転、一括返済の義務や生活保護取り消しへ

虚偽の申告をしてお金を借りて、あとから発覚してしまった場合、以下のようなペナルティが考えられます。

これらのことが同時期に降り掛かってくると考えてみてください。

現在がつらい状況なら、それ以上にあれこれと頭を悩ます問題がたくさん出てくることになります。

カードローン契約の強制解約

信用情報機関に最長5年間記録されてしまい、ブラックリスト入りします。

この間はカードローンやクレジットカードの審査にも通りません。

生活保護受給中ならともかく、働けるようになってもクレジットカードが使えないことになり、現代の生活ではとても不便を強いられます。

消費者金融から貸したお金の一括返済を求められる

消費者金融に生活保護受給者だとバレた場合、消費者金融や債権回収会社から「一括請求通知」が届き、それに対応しないでいると裁判所からの一括請求通知が届きます。

裁判所からの一括請求の場合、差し押さえや裁判に発展するので、早期に対処することが求められます。

詐欺事件として訴えられ、検挙されることも

もし、書類に記載した事項を偽造した事実が発覚した場合、「公文書偽造及び行使」の罪になります。

検挙された場合、1年以上10年以下の懲役に処せられる可能性があります。

生活保護受給取り消し・生活保護費を返還する義務まで

生活保護を受けている人が金融業者からお金を借りた場合、それは「収入」と見なされます。

相談窓口である福祉事務所に届け出の義務があり、その金額分が生活保護の支給額から差し引かれるんですね。

つまり、お金を借りても生活保護支給額が減らされるので、借金をしても手元のお金は増えません。

借金をした人のイメージ画像

それがイヤだからと、借金したことを届け出なかった場合は「生活保護費の不正受給」と見なされ、バレた場合には生活保護受給取り消しはもちろん、受給した生活保護費は福祉事務所に返還しなければなりません。

悪質性が高いものは「徴収金」扱いになり、仮に自己破産の手続きをしてもそのあとに支払い義務が残ります。

消費者金融に一括返済するお金に加えて、生活保護費の返還ですから、はかり知れない重荷です。

生活保護でも借りられる街金とは

ネットでは「無職でブラックでも借りられる消費者金融」を紹介するサイトもありますが、よく見るとブラック専門の業者ばかりを取り上げていたりします。

甘い言葉で誘っていますが、その本音は「返済可能であろうとなかろうと、関係なく返済させる」という闇金融業者。

法律で定められている利息の上限を超える高金利で貸し付けを行い、法律で禁止されている手段で取立てが行われます。

返済できなかったとき、電話で1日に100回以上の取り立ての催促をしてきたり、脅し文句を使ったり、自宅のドアに「金返せ!」などの貼り紙をしたり、家族に嫌がらせをしたり、勝手に出前を頼んだり、救急車や消防車などを家の前まで呼んだりといった手段が使われます。

このような事態にならないように関わりを持たないことが一番ですが、もしものときには、闇金業者に振り込んだ明細や着信履歴などの証拠を持って、警察署の生活安全課に行ってください。

生活保護者にお金を貸す融資制度を利用しよう

これだけの危険性を認識できたら、即日24時間融資をしてくれる業者探しはしたくないはずです。

では、生活保護者にお金を貸す融資制度はないのでしょうか。

条件つきですが、以前の記事で紹介した公的融資の「生活福祉資金貸付制度」があります。

市役所でお金を借りる制度と思われがちですが、正確には社会福祉協議会が対応している制度なんですね。

公的融資なので、借りるにはさまざまな条件や審査があります。そして、審査にも時間がかかります。

でも、利子は一般的な消費者金融よりも安く、貸し付け日から6ヶ月以内は返済不要という猶予期間もあります。

だれでも簡単に借りられるわけではありませんが、将来を考えたら、いますぐなんとかするよりも、安全なところで借りてゆっくり返していく方法を検討してみてください。

仮に審査に落ちてしまっても、今後のことを窓口で相談することでヒントが見つかるかもしれません。

生活保護でお金を借りる危険と安全策・まとめ!

お金を借りる人が生活保護で無職の場合、基本的に審査に通らないので借り入れができません。

仮に「生活保護者ではない」と嘘をついて借りてしまえば、それがバレたときにたくさんのペナルティが待っているだけでなく、犯罪者となる危険性もあります。

カードローン契約の強制解約

5年間のブラックリスト入り。働けるようになってもクレジットカードがつくれません。

消費者金融から一括返済の要求

借りたお金の一括返済です。モタモタしていると裁判所からの一括請求が来て、差し押さえや裁判に発展します。

詐欺事件として訴えられ、検挙されることも

書類に偽造するのは「公文書偽造及び行使」という犯罪。検挙された場合、1年以上10年以下の懲役となる可能性があります。

生活保護受給取り消し・受給金の返還請求

借金を届け出なかった場合は「生活保護費の不正受給」と見なされ、生活保護受給取り消しやこれまでに受給した生活保護費は返還する義務が残ります。

生活保護でも借りられる街金はダメ!

取り立てのストレスから自殺してしまう人がいるほど、過酷な結果が待っていることを心してください。

安心に借りるなら、公的融資の「生活福祉資金貸付制度」!

市役所で相談する男性のイラスト

社会福祉協議会による公的融資の「生活福祉資金貸付制度」は、借りるにはさまざまな条件や審査があります。

しかし、利子が安く、貸し付け日から6ヶ月以内は返済不要

苦しくても目の前の甘い誘いに乗らず、安全なところで借りて、長期で無理なく返済していく方法を考えましょう。

まずは、社会福祉協議会に相談してみてくださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
安全借太郎
お金を借りる、また返すのが習慣化してしまい、借金に抵抗感をなくしてしまった中年男性です。これではいけないとムダな出費を抑え、プランターで野菜を育てる節約生活を開始!安く借りる方法、損をしない返済法を実践して、借金生活からの脱出に成功しました。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© オカネタ , 2019 All Rights Reserved.