お金を借りる方法のネタ話

お金を借りる女性のカードローン・女性専用レディースローンのおすすめ

 
座るじょせいの画像
この記事を書いている人 - WRITER -
安全借太郎
お金を借りる、また返すのが習慣化してしまい、借金に抵抗感をなくしてしまった中年男性です。これではいけないとムダな出費を抑え、プランターで野菜を育てる節約生活を開始!安く借りる方法、損をしない返済法を実践して、借金生活からの脱出に成功しました。
詳しいプロフィールはこちら

お金を借りる女性専用のレディースローンとは

近年の消費者金融ではネットで融資申し込みができるWEB完結や自動契約機など、だれにも会わずに借り入れの申し込みができるようになりました。

でも、お金を借りるのが女性なら、消費者金融を利用することに不安を覚える人も多いようですね。

女性専用のカードローン「レディースローン」も見かけますが、実際にどんな違いがあるのでしょうか。

今回は女性でも借りられるレディースローンの特徴、注意点、おすすめカードローンについて解説していきます。

カードローン「レディースローン」の特徴

女性担当スタッフによる対応

カードローン「レディースローン」の特徴は、女性専用のフリーダイヤルを設けている消費者金融が多いことです。

借り入れの際の窓口対応や手続きなどを、女性担当スタッフが対応してくれるわけですね。

女性オペレーターのイラスト

男性スタッフには話しにくい返済についての相談なども、相手が女性なら話しやすいというのがメリット。

在籍確認のために勤務先や自宅に電話をかける際も、女性スタッフが個人名で電話してくれます。

利用限度額が低めに設定され、返済額も少額

レディースローンでは利用限度額が低めに設定されて、毎月の返済額も少額という傾向があります。

あとで紹介しますが、たとえばアイフルのレディースローン「SuLaLi(スラリ)」では、借入限度額は借りすぎないように原則10万円に設定されていて、毎月返済額は最低4,000円からとなっています。

とはいえ、それだけ「借りやすい」のがデメリットとも言えるので、節約して早く返済するという心がけが問われるカードローンとも言えますね。

キャッシング「レディースローン」の注意点

女性だからという優遇特典はない

女性にやさしいイメージの「レディースローン」ですが、女性だから男性よりも金利が安くなるとか、優遇した借り入れができるというような特典はありません。

その意味では一般的なキャッシングのカードローンと差はなく、「相談のしやすさ」や「利用がバレないための気配り」に重点が置かれていると考えるべきでしょう。

一定水準以上の安定収入がある人のためのカードローン

消費者金融では法律の関係上、安定的な収入のない専業主婦がお金を借りることはむずかしくなっています。

契約するときはアルバイト、パート、正社員というように、一定水準以上の安定収入が必要です。

ただし、銀行カードローンの場合は、こちらの記事で紹介したように専業主婦でもお金を借りる方法があります。

女性でも借りられる、おすすめレディースローン

レディースキャッシングは大手から中小消費者金融まで幅広くあります。

そのなかでも女性向けのサービスを充実させている会社としてよく名前があがるのが、「プロミス・レディースキャッシング」「アコム・働く女性のカードローン」「アイフル・SuLaLi(スラリ)」あたりですね。

利率 女性専用ダイヤル
プロミス
レディースキャッシング
4.5%~17.8% ○女性オペレーターがすべてに対応 初めての借入れなら
30日間無利息
アコム
働く女性のカードローン
3.0%~18.0% △夜間や混雑時、
男性の対応もあり
初めての借入れなら
30日間無利息
アイフル
SuLaLi(スラリ)
18.0% ○女性オペレーターがすべてに対応 初めての借入れなら
30日間無利息

各社、大きな違いはありませんが、アコムが「夜間や混雑時に男性スタッフの対応もある」という点が気になる人はいるかもしれません。

また、カードデザインでバレたくないという人は、プロミスは普通のプロミスカードなので注意しましょう。

アコムのクレジットカード機能つきのカードローンやアイフルなら、キャッシングのカードとはわかりづらいデザインになっています。

お金を借りる女性におすすめのカードローンまとめ

女性でも借りられる「レディースローン」は、女性専用のフリーダイヤルがあり、窓口対応や手続きなどを、女性担当スタッフが対応してくれるサービスです。

利用限度額が低めに設定されて、毎月の返済額も少額という傾向があります。

笑顔の女性のイラスト

とはいえ、女性だから男性よりも金利が安くなるとか、優遇した借り入れができるというような特典はありません。

相談のしやすさ」や「利用がバレないための気配り」に重点が置かれているカードローンと考えましょう。

契約するときはアルバイト、パート、正社員というように、一定水準以上の安定収入が必要です。

女性でも借りられる、おすすめレディースローン

レディースキャッシングは大手から中小消費者金融まで幅広くあります。

そのなかでもよく名前があがるのが、「プロミス・レディースキャッシング」「アコム・働く女性のカードローン」「アイフル・SuLaLi(スラリ)」あたりです(詳細は本文参照)。

各社、大きな違いはありませんが、混雑時などに男性スタッフの対応があったり、カードデザインがカードローンとわかりやすい会社があったりなど、微妙に異なっています。

個人的にはキャッシングのカードとバレるような会社のほうが、「早く返済して解約したい」と返済に前向きになれたのでよかったと思います。

カードがいらない生活に早くもどることを心がけてくださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
安全借太郎
お金を借りる、また返すのが習慣化してしまい、借金に抵抗感をなくしてしまった中年男性です。これではいけないとムダな出費を抑え、プランターで野菜を育てる節約生活を開始!安く借りる方法、損をしない返済法を実践して、借金生活からの脱出に成功しました。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© オカネタ , 2020 All Rights Reserved.