お金を借りる方法のネタ話

フリーランスでお金を借りる・お金がない自営業のカードローン審査とは

 
フリーランスの女性画像
この記事を書いている人 - WRITER -
安全借太郎
お金を借りる、また返すのが習慣化してしまい、借金に抵抗感をなくしてしまった中年男性です。これではいけないとムダな出費を抑え、プランターで野菜を育てる節約生活を開始!安く借りる方法、損をしない返済法を実践して、借金生活からの脱出に成功しました。
詳しいプロフィールはこちら

フリーランスでお金を借りる・自営業のカードローン審査はどうなる?

フリーランス・自営業者がお金を借りるときには、カードローンの審査が通りにくいと言われます。

銀行や消費者金融が審査するときには返済実績とともに、「所得金額」や「安定した収入」も条件になります。

フリーランス・自営業者は確定申告において経費が落とせるのが有利ですが、これがカードローンの審査にはマイナスになることがあります。

また、将来の収入の予測が立てにくいことや、病気になったときの有給休暇がないといったリスクもあるため、審査が通りにくいと一般的には言われます。

とはいえ、フリーランス・自営業者が借り入れできないわけではないので、どうしたら審査に通りやすくなるのかも含めて、借り入れするための方法を紹介していきましょう。

カードローンの審査が通りにくい理由

節税対策の結果、申告所得額が低くなるために審査で不利になる

フリーランス・自営業者は給与所得者と同じ生活水準をしていても、給与所得者のほうが数字上の所得はずっと多くなるのが一般的です。

確定申告の解説イラスト

それは申告所得の額が低いことに原因があります。

フリーランス・自営業者は多くを経費で落とせるメリットがあり、売上からかなりの生活費を差し引けますね。

最終的に確定申告で出される所得金額は、給与所得者よりもかなり低い数字となります。

しかし、給与所得者は経費が引かれないため、同じ生活レベルでも数字上の所得は高いままです。

つまり、フリーランス・自営業者は節税対策の結果、申告所得の額を抑えてしまうと、それがそのまま所得金額としての評価になってしまうんですね。

つまり、銀行や消費者金融のカードローン審査では「所得が低い」とされてしまうわけです。

フリーランス・自営業者の収入が不安定とされる理由

フリーランスは小規模の事業を1人や少人数でやっているケースが多いですね。

しかも、現在の収入が多くても来年の収入は未定で、病気になったら有給休暇が出ないので収入はゼロ。

さらに、老後の退職金もなく、年金も国民年金だとキャッシングの借入れが大きい場合には返済プランも立てにくいわけです。

ネガティブなことばかり書いてしまいましたが、金融機関ではそれらをリスクと判断するため、不安定と見なされてしまうんですね。

でも、お金を借りられないわけではありません。次に紹介する方法を参考にしてください。

フリーランス・自営業者が使えるキャッシングやカードローン

少額なら消費者金融

フリーランス・自営業者が使えるカードローンには消費者金融のキャッシング、百万円単位なら銀行や消費者金融の自営業者専用カードローンがあります。

とりあえず少額だけ借りるのなら、確定申告の書類を提出をしなくても済む、消費者金融の一般的なカードローンで相談してみましょう。

あくまでもお金がちょっと足りないので借りる金額、10万円程度を目安に控えめに申請してみてください。

確定申告書の画像

 

百万円単位なら自営業者専用カードローン

「自営業者専用カードローン」は銀行や消費者金融から百万円単位のお金を借りるときに使います。

でも、この場合には収入証明書類として「確定申告書」と「青色申告決算書」または「収支内訳書」を提出しなければなりません。

確定申告書には所得の金額だけでなく、さまざまな事業情報が載っていて、審査にはマイナスとなる場合もあると言われます。

ですから、「自営業者専用カードローン」はまとまったお金を借りる場合だけに使いましょう。

私もフリーランスですが、お金を借りるときに確定申告書を提出するのに抵抗があったため、「自営業者専用カードローン」を使わないように出費はとことん抑えてきました。

使ったのは、会社員時代に作っておいた銀行と消費者金融のカードローンのみ。どちらも少額で申請したものです。

審査に通りやすくなる方法

フリーランス・自営業としての営業年数が最低1年以上あること

カードローンの審査では勤続年数も重要な判断材料です。

審査を申し込んだ人が会社員の場合、一般的な消費者金融のカードローンでは「収入証明書」として直近2ヶ月分の給与明細の提出が条件となります。

つまり、勤続2ヶ月以上から審査対象にしてくれるわけですが、フリーランス・自営業の場合にはそうはいかないため、営業年数が1年程度は必要と言われます。

フリーランスの男性イラスト

前職を退職後、1年間はカードローンを作れない可能性もあるわけで、「カードローンは会社員のうちに作っておけ」とよく言われるのはそのためです。

初回の申込金額はできるだけ低くする

先ほども述べたように、初回はできるだけ希望限度額を低くして申込みをするほうが審査にも通りやすくなります。

あとから増額申請もできるので、まずは返済実績をしっかりつくり、最低6ヶ月ほどおいてから増額申請しましょう。

固定電話は必須

カードローン会社が審査をするプロセスのひとつに、申込者の在籍確認があります。

フリーランス・自営業の場合は勤務先が自宅や事務所となるわけですが、固定電話がないと審査に通ることは難しくなります。

カードローンの審査にとどまらず、取引先でも固定電話がないと信用してもらえないケースもありますし、仕事によってはこの時代でもFAX対応しなければならない場合もあります。

あまり使わなくても、固定電話はあったほうがもしものときに安心です。

フリーランス・自営業がお金を借りる方法のまとめ

フリーランス・自営業の人が銀行や消費者金融でお金を借りる場合、気をつけるべきことをまとめました。

フリーランス・自営業の人カードローンの審査が通りにくい理由

申告所得額が低いと低所得と見なされてしまう

確定申告のときの節税対策の結果、申告所得額が低くなり、審査ではそれが低所得と見なされて不利になる。

収入が不安定とされる

将来の収入がはっきりせず、病気になると収入が途絶えるため、不安定要素がマイナスに見られがち。

カメラマンのイラスト

少額なら消費者金融のカードローン、百万円単位なら自営業者専用カードローンを選ぶ

一般的な消費者金融のカードローンを少額で申し込むなら、収入証明書類として「確定申告書」はいらないが、自営業者専用カードローンなら必要になるので注意。

カードローンの審査に通りやすくなる方法

営業年数が最低1年以上あること

審査の際にはフリーランス・自営業としての営業年数が最低1年以上は必要。

初回の申込金額はできるだけ低くする

初回はできるだけ希望限度額を低く、返済実績をつくってから、最低6ヶ月ほどおいて増額申請をする。

固定電話は必須

担当者から在籍確認がある際、固定電話がないと審査に通ることは難しくなる。

「個人事業主」は自分の生き方があらゆる信用につながる

私の経験で恐縮ですが、フリーランス・自営業を始めたばかりの人は「個人事業主」を強く意識するのが成功の秘訣だと思います。

個人事業主は人格や行動そのものが自分の信用に直結していて、その信用が収入につながってきます。

才能があっても人間性に問題があれば、まわりから人が離れていき、仕事でも孤立してしまいます。

自分のお金もうけばかり考えている人は、いずれ足元をすくわれます。そんな人を私は何人か見てきました。

まわりの人と助け合い、調和しあってこそ、うまくいくのがフリーランス・自営業です。

お金を借りることに限らず、正しいマナーで自分のまわりの社会と関わり、最高の評価を得てくださいね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
安全借太郎
お金を借りる、また返すのが習慣化してしまい、借金に抵抗感をなくしてしまった中年男性です。これではいけないとムダな出費を抑え、プランターで野菜を育てる節約生活を開始!安く借りる方法、損をしない返済法を実践して、借金生活からの脱出に成功しました。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© オカネタ , 2019 All Rights Reserved.