お金を借りる方法のネタ話

駅でお金を借りる・財布を忘れた、落としたときの電車賃後日払いや裏技

 
駅の画像
この記事を書いている人 - WRITER -
安全借太郎
お金を借りる、また返すのが習慣化してしまい、借金に抵抗感をなくしてしまった中年男性です。これではいけないとムダな出費を抑え、プランターで野菜を育てる節約生活を開始!安く借りる方法、損をしない返済法を実践して、借金生活からの脱出に成功しました。
詳しいプロフィールはこちら

駅でお金を借りる・財布を忘れたり落としたりしたら、電車賃後日払い

「駅でお金を借りることができないの?」という緊急事態に、すぐ役立つ情報を解説します。

財布を忘れた、落とした、財布を持ったけれどお金が入っていなかった、切符を買おうとしたけれど目的地までのお金が足りないなど、いろんなケースがありますね。

そんなとき、ひと駅分の乗車券が買えるくらいの現金があるなら、電車賃を後日払いにしてもらう「着駅清算」という方法があります。

その持ち合わせさえない場合はいくつかの裏技がありますので、本記事の「着駅精算以外の方法」に進んでください。

裏技といっても悪いことをするわけではないのでご心配なく(笑)。

まずは「着駅清算」から解説していきましょう。

となり駅までの電車運賃があれば「着駅清算」・そのやり方は?

乗車前にお金を借りる場合、まったくお金がない無一文の状態だとかなりきびしくなります。

それは鉄道営業法が「乗車券を持たない者の乗車は禁止」となっているため、最低でもとなりの駅までの切符代がないと入れないんですね。

乗車券のイラスト

となり駅までの運賃くらいはあるなら、着駅清算という対応を取ってもらえます。

ちなみに、着駅清算は電車のほかにバスでもやってくれます。

着駅精算とは

着駅精算とは、最寄り駅で「支払い猶予願い書」という誓約書を書いて、後日精算してもらう制度です。

借りることができるお金は「鉄道会社に支払う電車賃」分だけです。

たとえば、JRから地下鉄、地下鉄からJRというように乗り換えをする人は鉄道会社ごとに支払います。

いずれにしても、まず乗車駅の窓口で相談して、降りるときにもう一度相談するようにしましょう。

着駅精算のやり方

お金を借りる場合には駅員に身分証明書を提示してから、誓約書の「支払い猶予願い書」を書きます。

住所、氏名、電話番号を記入したあと、支払う期日を書いて提出。提示した身分証はその場でコピーをとられることになります。

借りたお金の持ち逃げをされないように、最低限の確認として、口頭で住所と電話番号を答えさせられる場合もあります。

駅員のイラスト

疑われるのは気分のいいものではありませんが、自分に不注意があったことを認めて、素直に従いましょうね。

着駅精算以外の方法・交番で借りる

財布を落とした場合には交番に届け出るついでに、お金を借りられるかどうか聞いてみるのがおすすめです。

クレジットカードやキャッシュカードも同時に紛失していたら、この場合、まずやらなければならないのは緊急の届け出です。

カード会社への連絡はもちろん、警察署にすぐ紛失届を出しておけば、使われてしまっても保険が効くんですね。

その意味でも届け出とお金の対策が同時にできるので助かります。

ただし、都道府県によってはこの制度がなく、お金が借りられない場合もありますからご注意を。

くわしくはこちらの記事をご確認ください。

JRなら普通切符をクレジットカードで購入できる

1.手元に現金はないがクレジットカードはある
2.これからJRの電車に乗る

この条件に合った人なら、クレジットカード払いで普通切符を購入できます。

みどりの窓口に行って「◯◯駅までの普通切符をクレジットカード払いでお願いします」と伝えるだけです。

少額で恥ずかしい場合には「現金を忘れたので、クレジットカード払いにしたいんですが」と切り出すとラクですね。

地下鉄ではクレジットカードで定期券が購入できるところがありますが、残念ながら普通乗車券には対応していません。

suicaのデポジットを払い戻しする

1.手元に現金はないがsuicaはある
2.免許証などの公的証明書を持っている
3.JR東日本に属するどこかの駅付近にいる

この条件に合った人なら、最低額500円は確保できます。

suicaのデポジットとは「購入時に預かり金(デポジット)」として支払っている金額。

これをみどりの窓口で払い戻して、500円を受け取るわけですね。

スイカを利用する女性のイラスト

500円あればJRでも地下鉄でもバスでも最低運賃分くらいはありますから、そのお金で「着駅清算」をしてもらえるかどうか、相談してみましょう。

払い戻しはJR東日本の駅のみ、さらに免許証などの公的証明書が必要という条件がつきます。

ちなみに、カード内に500円が残っているなら、そのカードはデポジット料金500円と合わせて1,000円の価値があります。

ただし、これを払い戻してもらうときに手数料220円が差し引かれて、780円になってしまいます。

入金残高が手数料の220円以下の場合には、デポジット500円のみの返金となります。

1時間あればカードローンがつくれる

消費者金融のカードローンには、審査時間が最短30分、1時間というところもあります。

他社での借り入れがなく、ひとまず少額だけ必要ならカードローンを作ってしまうという方法もあります。

安心できる消費者金融の見分け方はこちらの記事に紹介しています。

ただし、本人確認書類として身分証明書が必要となるため、財布を落としていると運転免許証の代わりにパスポートなどが必要になります。

駅で「電車賃、貸してください!」と頼む方法・まとめ

駅でお金を借りるなら「着駅清算」という方法があります。

着駅精算とは?

最寄り駅で「支払い猶予願い書」という誓約書を書いて、後日精算してもらう制度です。

鉄道営業法に「乗車券を持たない者の乗車は禁止」されているため、「となり駅までの切符代くらいは持っている」のが条件です。

借りることができるお金は「鉄道会社に支払う電車賃」分だけです。

まず乗車駅の窓口で相談して、降りるときにもう一度相談するのがいいでしょう。

着駅精算のやり方

1.駅員に身分証明書を提示
2.誓約書の「支払い猶予願い書」に住所、氏名、電話番号、支払う期日を記入して提出。
3.借りたお金の持ち逃げ防止のため、口頭で住所と電話番号を答えさせられる場合もあります。
4.支払う期日までに返済する

着駅精算以外の方法

交番で借りる

財布を落としたときに、クレジットカードなども紛失していたら、まずやらなければならないのは緊急の届け出です。

カード会社への連絡はもちろん、警察署にすぐ紛失届を出しておけば、使われてしまっても保険が効きます。

ただし、都道府県によってはこの制度がなく、お金が借りられない場合もあるので注意してください(本文参照)。

電車のイラスト

JRなら普通切符をクレジットカードで購入できる

1.手元に現金はないがクレジットカードはある
2.これからJRの電車に乗る

この条件に合った人なら、JRのみどりの窓口で普通切符をクレジットカード払いにより、購入できるんですね。

残念ながら地下鉄では普通乗車券には対応していません。

suicaのデポジットを払い戻しする

1.手元に現金はないがsuicaはある
2.免許証などの公的証明書を持っている
3.JR東日本に属するどこかの駅付近にいる

この条件に合った人なら、suicaのデポジットをみどりの窓口で払い戻すことで、最低額500円は確保できます。

1時間あればカードローンがつくれる

運転免許証・パスポートなどの身分証明書があれば、審査時間が最短30分、1時間という消費者金融のカードローンをつくってしまう方法もあります(安心できる消費者金融の見分け方については本文参照)。

もしものときはあわてずに、これらの方法を検討してみてくださいね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
安全借太郎
お金を借りる、また返すのが習慣化してしまい、借金に抵抗感をなくしてしまった中年男性です。これではいけないとムダな出費を抑え、プランターで野菜を育てる節約生活を開始!安く借りる方法、損をしない返済法を実践して、借金生活からの脱出に成功しました。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© オカネタ , 2019 All Rights Reserved.